1470年:インカ帝国がチムー王国を征服 インカ帝国(ペルー) インカ帝国の第9代皇帝パチャクテク(在位1438年-1471年)と10代皇帝トゥパック(在位1471年-1493年)は、アンデス山脈の大部分(おおよそ現代のペルーとエクアドルに[…]
メディチ家は、15世紀後半にフィレンツェの実質的な支配者(僭主)として君臨し、16世紀にはトスカーナ大公国の君主となった一族です。 ルネサンス芸術の保護者としても知られる家系です。
1467年:戦国時代の序章、応仁の乱 日本 1467年、室町幕府将軍の足利家は、後継者争いが内乱を招くほどに弱体化していました。 この内乱は「応仁の乱」とよばれ、大部分が京都で戦われました。 内乱は11年も続き、中央権力の崩壊を招いて、「戦[…]
1464年:ソンガイ帝国でスンニ・アリが即位、領土を拡大 西アフリカ(西スーダン) スンニ・アリの治世にソンガイ帝国は最盛期を迎えます。 ソンガイ帝国は15世紀後半から16世紀にニジェール川湾曲部を中心に西スーダンのほぼ全域を事実上支配した[…]
ヴラド3世はたとえ貴族であっても串刺しに処し、敵軍であってもその数のおびただしいことから、後世になって悪魔的なイメージと結びつけられました。 (ただし近年は、オスマン帝国に抵抗をつづけたルーマニアの英雄として見直されています。)
ドイツ人のヨハネス・グーテンベルクが「本」を印刷しました。活版印刷の実用化に成功したのです。金属活字に付いたインクをうまく紙に刷る印刷機を「発明した」とされています。
1453年:コンスタンティノープルの攻略 オスマン帝国 第7代スルタンのメフメト2世が、3ヶ月の包囲戦の末にコンスタンティノープルを陥落させました。 コンスタンティノープルは、こんにちのイスタンブールです。 コンスタンティノープルの陥落は、[…]
グリーンランドに定住していたバイキングが、1450年頃を境に消滅しました。 理由は諸説あり、気候の厳しい寒冷化によって航海がむずかしくなったこと、交易の衰退、および欧州で象牙が流通しセイウチの牙の価値が減少したことなどがあげられています。
「カントリーハウス(country house)」という総称には、壮大な宮殿から小さな邸宅までが含まれます。共通している点として: 田舎に建っていること 要塞ではないこと 1500年頃より後に豪邸 / 邸宅として利用されたこと などが挙げら[…]