「カントリーハウス(country house)」という総称には、壮大な宮殿から小さな邸宅までが含まれます。共通している点として: 田舎に建っていること 要塞ではないこと 1500年頃より後に豪邸 / 邸宅として利用されたこと などが挙げら[…]
「カントリーハウス(Country house )」は、田園に建つ邸宅です。大きさもスタイルも生い立ちもさまざまです。 イギリスの田舎にあるお屋敷の漠然としたイメージを整理してみました。印象にのこった解説やエピソードをかいつまんで、ここに紹[…]
ジェーン・オースティンの小説は18世紀末~19世紀初頭の地主階級(ジェントリ)社会を舞台に描かれています。地主階級(ジェントリ)は作家本人が属した階級です。小説に登場する一部のヒロインは裕福ではない家庭に生まれ(自負と偏見・マンスフィールド[…]
調べてみると、ジェーン・オースティンの兄フランシスと弟チャールズは英国海軍の士官となり、ナポレオン戦争を戦っていました。弟チャールズは少将まで昇進し、兄フランシスは英国海軍の最高位の Admirals of the Fleet (海軍元帥 […]
ジェーン・オースティンの小説と映像化作品の一覧を紹介 主要作品一覧(6点) 分別と多感(Sense and Sensibility、1811年)/高慢と偏見(Pride and Prejudice、1813年)/マンスフィールド・パーク(Mansfield Park、1814年)/エマ(Emma、1815年)/ノーサンガー・アビー(Northanger Abbey、1817年)/説得(Persuasion、1818年)
8月のさる日曜日、イギリスはロンドンから電車で約1時間の「ハンプトンコートパレス」へ行ってきました!ヘンリー8世の居城として知られるテューダー様式の宮殿です。 テーマ別に6つの見学コースがあります。全制覇したいところですが、月替わりのイベン[…]
戦後~1950年代イギリスの概観 戦勝国 物資の欠乏と価格の高騰(インフレ)⇒デフレ政策不評 他の西欧諸国と比べれば安定 直接的な戦場にならなかった 戦後一貫して親米の外交姿勢 二大政党が定着していた ベヴァリッジ報告書に基づき福祉国家を築[…]
19世紀 1807年:ウィリアム・ウィルバーフォースが奴隷貿易の廃止に成功 奴隷貿易に反対する議会の運動のリーダーを務めたウィリアム・ウィルバーフォースが、学生時代からの友人で政治家であるピットに働きかけ、奴隷貿易禁止法のを実現させた。 1[…]