紀元40年頃~410年頃まで、ブリテン島の南部はローマ帝国の属州だったので、この時代を「ローマン・ブリティッシュ時代」などと呼びます。ローマ人は、支配下に置いた地域と周辺諸島を「ブリタンニア」と呼びました。おなじころ、現在のアイルランドにあたる地域はゲール人が侵略して定住していました。

ローマ帝国の支配は、現在のスコットランドにあたる地域には及びませんでした。侵攻を試みますが謎の民族ピクト人の反撃に遭い、ローマ第九軍団は消息を断ちます。

ブリテン島南部で約400年続いたローマ帝国の支配ですが、結局のところローマは彼ら同士で仲たがいします。属州ブリタンニア最後の総督は、皇帝を自称し市民軍を率いてブリタンニアを離れ、ほどなくガリアで死亡しました。

その後、ブリタンニアはゲルマン系のアングロ人・サクソン人から侵攻を受け、ローマに助けを求めますが援軍は来ませんでした。ローマ自体が侵略者によって焼かれており、それどころではなかったようです。

古代ブリテン諸島の歴史年表

1世紀

  • https://en.wikipedia.org/wiki/Roman_Britain#/media/File:Roman.Britain.campaigns.43.to.60.jpg
    Roman campaigns 43–60
  • 43年~ ローマ皇帝クラウディスの指揮によるブリテン島侵攻でブリテン島南東部が属州ブリタンニアとなる
  • 60年 現ノーフォーク付近でブーディカが蜂起
  • 70年~90年 ローマ軍は現スコットランドにあたる地域への侵攻を試みる
  •    

2世紀

  • https://en.wikipedia.org/wiki/Romano-British_culture#/media/File:Roman.Britain.Romanisation.jpg
    Relative degrees of Romanisation, based on archaeology. Romanisation was greatest in the southeast, extending west and north in lesser degrees. West of a line from the Humber to the Severn, and including Cornwall and Devon, Roman acculturation was minimal or non-existent.
  • ローマ軍は北部のピクト人を破ることができず、現スコットランドと現イングランドの境界近くに壁を建設し力の及ぶ範囲を示した(ハドリアヌスの壁)
  • 属州ブリタンニアを上下2州に分割

3世紀

  • https://en.wikipedia.org/wiki/Roman_Britain#/media/File:The_Great_Bath_in_Bath_(UK).jpg
    The Great Bath, Roman Baths, originally 1st-3rd century AD, with late 19th century superstructure by John McKean Brydon.
  • 先住の人々はローマに倣ってラテン語を学び、キリスト教も浸透する
  • カラウシウスの反乱が起こりブリタンニアを4州に分割

4世紀

  • 西部からのアイルランド人、東部からのサクソン人の攻撃がはじまる
  • ローマ帝国が東西に分裂(当時の意識としてはあくまでもひとつのローマ帝国)

5世紀

  • https://en.wikipedia.org/wiki/Roman_Britain#/media/File:Roman_Britain_410.jpg
    One possible arrangement of the late Roman provinces, with Valentia between the walls.
  • 407年 コンスタンティヌス3世がローマ皇帝を自称して残軍を率いてブリタンニアを離れ、ローマの支配は終焉
  • ブリタンニアでは古来からのブリトン人の部族制が復活 部族国家が乱立
  • ゲルマン系アングロ・サクソン人の侵入
  • (アングロとサクソンに抵抗する円卓の騎士の物語はこの時代がモデル)

関連リンク

イギリスの歴史年表

全件表示

イギリスの通史がわかる本

物語 イギリスの歴史(上) 古代ブリテン島からエリザベス1世まで

著者/監督:君塚直隆

5世紀以降、ケルト人を駆逐しアングロ・サクソン人が定住したブリテン島。11世紀、大陸のノルマン人が征服するが、常にフランス領土を求め戦争を繰り返した。その間、島内では諸侯が伸張。13世紀にはマグナ・カルタを王が認め、議会の原型が成立する。その後も百年戦争の敗北、教皇からの破門と、王の権威低下が続いた...

出版社/発売元:中央公論新社
発売日:2019年08月09日

楽天kobo  日本 

図説イギリスの歴史増補新版
著者/監督:指昭博

ストーンヘンジ、アングロ・サクソン七王国、マグナ・カルタ、百年戦争、宗教改革、エリザベス時代、シェイクスピア、名誉革命、産業革命、パックス・ブリタニカ、世界大戦、サッチャー政権、イラク戦争、ロイヤル・ウェディング&ベイビー誕生…ケルト以前から21世紀までー流れが見える、快読イギリス史!

出版社/発売元:河出書房新社
発売日:2015年06月17日頃

楽天books  日本 

きちんと理解するイギリスの歴史
著者/監督:内藤 博文

イギリスは世界の歴史を牽引してきたといっても過言ではない。立憲民主主義や産業革命は最初にイギリスで生まれている。また、世界中に植民地を築いて影響を与え、アメリカ建国のきつかけをつくった。そんな“世界を知るための近道”ともいえるイギリス史の最重要ポイントを、一冊に凝縮した決定版!108の重要ワードか...

出版社/発売元:河出書房新社
発売日:2019年04月24日頃

楽天books  日本 

イギリス史を英語で読む(目安 TOEIC 650点)

The Story of Britain
著者/監督:Patrick Dillon

A comprehensive history of Britain that delves into some edgy and less well-known events as well as shining a light on the more traditional narratives of Scottish, Irish, Welsh and English history - William the Conqueror's arrival in 1066, Magna Carta, the Great Fire of London...

出版社/発売元:Walker Books
発売日:2012-5-3

日本 

イギリス現代史ノート
書籍など(ad)

きちんと理解するイギリスの歴史
著者/監督:内藤 博文

イギリスは世界の歴史を牽引してきたといっても過言ではない。立憲民主主義や産業革命は最初にイギリスで生まれている。また、世界中に植民地を築いて影響を与え、アメリカ建国のきつかけをつくった。そんな“世界を知るための近道”ともいえるイギリス史の最重要ポイントを、一冊に凝縮した決定版!108の重要ワードか...

出版社/発売元:河出書房新社
発売日:2019年04月24日頃

楽天books 

イギリスの歴史が2時間でわかる本
著者/監督:歴史の謎を探る会

アーサー王の物語、ばら戦争、処女王、カリブの海賊、シェイクスピア、産業革命…「ストーンヘンジ」から「サッチャー政権」まで、イギリスを象徴する歴史事項をスッキリ整理。

出版社/発売元:河出書房新社
発売日:2012年04月

楽天books 

参考資料
wikipedia
クラウディウス
ブーディカ
歴代ローマ皇帝一覧
アングロ・サクソン人
ブリタンニア
Roman Britain
イギリスの歴史