5世紀ころからアングロ・サクソン人がブリテン島に侵攻し定住を始めます。

アングロ・サクソン人というのは、ゲルマン系の3つの部族”アングル人、ジュート人、サクソン人”の総称です。彼らは、現在のイングランドに相当するエリアに定着しました。アングル人が支配した土地だからアングランド⇒イングランドとなったようです。

アーサー王伝説では、ブリトン人のアーサーがアングロ・サクソン人の侵略を食い止めてブリテンの王になります。でも実際のところは、ブリトン人は現在のウェールズの西部とコーンウォール地方を支配するにとどまり、イングランドはアングロ・サクソンに支配されました。

This picture shows Alfred the Great’s statue at Winchester. Hamo Thornycroft’s bronze statue erected in 1899.

ブリトン人とは、古来からローマの属州時代を経てブリテン島に住んでいた人々の総称です。彼らが生き延びたウェールズでは今でもなお、彼らの古い言語を大切にして、古い言い伝えが語り継がれているそうです。

6世紀~10世紀を「七王国時代」と呼んだりしますが、この七王国とはイングランド内に興ったアングロ・サクソン人の王国のことです。

現在のスコットランドに相当するエリアには、ローマに侵攻を諦めさせたピクト人が住んでおり、やがてアイルランドからきたスコット人と混ざってスコットランド王国の母体を築きます。

この時代は、バイキング襲来の時代でもありました。彼らは現在のノルウェーとデンマークから海を渡ってやってきて、略奪と破壊を繰り返し、やがてその地に留まるようになります。アイルランドのダブリンも、バイキングが基礎を築いた街です。

ブリテン諸島の中世初期

5世紀(アングロ・サクソン人の侵攻)

    West Stow Anglo-Saxon village
  • アングロ・サクソン人がブリテン島に侵攻する
  • アングロ・サクソン人の王国が作られる
  • アングロ・サクソン人は先住のブリトン人との戦いを経て、概ね現イングランドに相当する領域まで拡大する
  • ブリテン諸島に4つのエリアが形成される
    1. アイルランド…ローマが侵攻することはなかったが文化的影響は受けていた
    2. スコットランド…ピクト人が住んでいたエリア(後世にスコットが征服したことにより、この名称になる)
    3. イングランド…アングロ・サクソン人が征服したエリア
    4. ウェールズ…ブリテン人が生き続けたエリア(現在も古い言語、伝承が残る)

6世紀(七王国時代はじまる)

  • 現イングランドに相当するエリアに、主要な7つの王国が現れ、いわゆる「七王国時代」が始まる
    1. ノーサンブリア王国: イングランド北東部/アングル人
    2. マーシア王国: イングランド中央部/アングル人
    3. イースト・アングリア王国: イングランド南東部/アングル人
    4. エセックス王国: イングランド南東部/サクソン人
    5. ウェセックス王国: イングランド南西部/サクソン人
    6. ケント王国: イングランド南東部/ジュート人
    7. サセックス王国: イングランド南部/サクソン人
  • 七王国以外にも多数の小国がイングランドに存在した
  • 596年 教皇グレゴリウス1世の命によりアウグスティヌスが布教のために約40人の修道士とともに派遣される
Heptarchy around 800 AD. Borders are approximate.

7世紀(キリスト教会の建設)

Escomb Church, a restored 7th century Anglo-Saxon church. Church architecture and artefacts provide a useful source of historical information.
  • カンタベリーのアウグスティヌスが布教活動を行い、イングランドの諸王を改宗させる

8世紀(バイキングの襲来)

  • マーシア王がウェールズとの境界に壁を築く(オッファの壁)
  • 789年頃 ノルウェーとデンマークからバイキングの来襲と略奪が始まる

9世紀(アルフレド大王)

    Escomb Church, a restored 7th century Anglo-Saxon church. Church architecture and artefacts provide a useful source of historical information.
  • エグバートの率いるウェセックス王国がイングランドで最強となる
  • アイルランドからブリテン島に渡来し北西部に王国を建てていたスコット人のマカルピンが、バイキングやピクト人勢力を征服しアルバ王国を建国する(スコットランド王国の母体となる)
  • ウェールズ人はグウィネズのロドリー王によってまとめられ強さを誇っていたが、バイキングに敗れ小国へと分散
  • アルフレド王が治めるウェセックス王国が、対バイキング戦で一時劣勢の後に勝利しロンドンを奪還
  • アルフレド王がイングランドの一部をバイキングの領土することに合意。バイキングの領土はデーンロウと呼ばれ、ほぼ今日のヨークから南、ロンドン北方に至る地域に相当する。

10世紀(イングランド王国の誕生)

  • ウェセックス王国の王アゼルスタンがデーンロウを奪回しイングランド全土を統一
  • ウェールズでは、ロドリー王の孫ヒウェルがウェールズの多くを支配し法を整えた
  • アイルランドでは、バイキングがアイルランドの東を侵略しており、ここをダブリンと呼んでいた

11世紀(デーン人のイングランド王を経て…)

  • デンマーク王がイングランド王を兼ねることになり、イングランドはデンマークに服従することになる
  • デンマーク王の死後、再びアングロサクソン人がイングランドの王になる⇒エドワード証聖王
  • 1066 エドワード証聖王の死後、ノルウェー王(デーン人)、ノルマンディ公爵、ウェセックス伯爵がイングランド王位を奪い合う

関連リンク

イギリスの歴史年表

全件表示

イギリスの通史がわかる本の紹介(広告)

本の内容によって上から 中級 ⇒ 平易 ⇒ 入門 の順で並べています(管理人の独断と偏見 ^^;)

イギリス史10講

著者/監督:近藤和彦

ストーンヘンジの先史時代から、ローマやヴァイキングの到来、ヘンリ八世の離婚とイギリス国教会、名誉革命や産業革命、ヴィクトリア時代、二つの大戦を経た現在までーー。さまざまな要素を取り入れ複合社会を形成するイギリスを、繊細かつダイナミックに描く。最新の研究成果を反映、読み物としての面白さも追求した、...

出版社/発売元:岩波書店
発売日:2015年04月25日

楽天kobo Amazon-JA

物語 イギリスの歴史(上) 古代ブリテン島からエリザベス1世まで

著者/監督:君塚直隆

5世紀以降、ケルト人を駆逐しアングロ・サクソン人が定住したブリテン島。11世紀、大陸のノルマン人が征服するが、常にフランス領土を求め戦争を繰り返した。その間、島内では諸侯が伸張。13世紀にはマグナ・カルタを王が認め、議会の原型が成立する。その後も百年戦争の敗北、教皇からの破門と、王の権威低下が続いた...

出版社/発売元:中央公論新社
発売日:2019年08月09日

楽天kobo Amazon-JA

図説イギリスの歴史増補新版
著者/監督:指昭博

ストーンヘンジ、アングロ・サクソン七王国、マグナ・カルタ、百年戦争、宗教改革、エリザベス時代、シェイクスピア、名誉革命、産業革命、パックス・ブリタニカ、世界大戦、サッチャー政権、イラク戦争、ロイヤル・ウェディング&ベイビー誕生…ケルト以前から21世紀までー流れが見える、快読イギリス史!

出版社/発売元:河出書房新社
発売日:2015年06月17日

楽天books Amazon-JA

きちんと理解するイギリスの歴史
著者/監督:内藤 博文

イギリスは世界の歴史を牽引してきたといっても過言ではない。立憲民主主義や産業革命は最初にイギリスで生まれている。また、世界中に植民地を築いて影響を与え、アメリカ建国のきつかけをつくった。そんな“世界を知るための近道”ともいえるイギリス史の最重要ポイントを、一冊に凝縮した決定版!108の重要ワードか...

出版社/発売元:河出書房新社
発売日:2019年04月24日

楽天books Amazon-JA

イギリスの歴史が2時間でわかる本 長大な歴史と重厚な文化を持つ英国がたどってきた道のりとはーー

著者/監督:歴史の謎を探る会

シェイクスピアやエリザベス女王、オックスフォード大学など、イギリスは長い歴史と重厚な文化を誇り、特別な存在感を放つ。そんな憧れの国であるイギリスの歴史をわかりやすく、要点を絞って学べる一冊!

出版社/発売元:河出書房新社
発売日:2015年10月16日

楽天kobo Amazon-JA

マンガでわかるイギリスの歴史
一気に読み解く! 世界史を変えた人物列伝
著者/監督:島崎晋

コンピューターの父(チャールズ・バベッジ)、人工知能の父(アラン・チューリング)、WWWの開発者(ティム・バーナーズ・リー)ーー21世紀のインターネット社会のもとをつくったイノベーターはみんなイギリス人だった!! ケルト以前から21世紀のロンドン五輪を成功させた新しいイギリスまでーー本書はイギリスの歴史と文化...

出版社/発売元:誠文堂新光社
発売日:2015年11月18日

楽天kobo Amazon-JA

イギリス史を英語で読んでみたい人におすすめの本(目安 TOEIC 650点)

The Story of Britain
著者/監督:Patrick Dillon

A comprehensive history of Britain that delves into some edgy and less well-known events as well as shining a light on the more traditional narratives of Scottish, Irish, Welsh and English history - William the Conqueror's arrival in 1066, Magna Carta, the Great Fire of London...

出版社/発売元:Walker Books
発売日:2012-5-3

Amazon-JA

イギリス現代史ノート

全件表示