マーストリヒトはオランダ最南端の州(リンブルフ)の州都。ベルギーとドイツの国境のはざまに食い込むような位置にあり、オランダ西部の都市とは少し雰囲気がちがうと言われる町です。

マーストリヒト

聖セルファース橋から東岸の眺め

マーストリヒトの年表

時期 オランダ主要地域 マーストリヒト
先史
前1万:最後の氷河期終わる前1900:青銅器時代前750:鉄器時代
古代
前57-後406:ローマ支配期
前10年:ローマの大通り建設 1世紀:マース川下流域に最初の橋建設 150頃:ローマ浴場、ジュピター神殿 270頃:ゲルマン人の侵入・町の破壊 333:ローマ要塞の建造 384:マーストリヒト司教の聖セルファース死去
中世
481:メロヴィング朝フランク王国-650:キリスト教が普及650-850±:カロリング帝国(800:カール大帝 / 870:メルセン条約)962-:神聖ローマ帝国 / 領邦国家の発展1200-:都市の発展1432-:ホラント伯領がブルゴーニュ家支配下に1477-:ホラント伯領がハプスブルグ家支配下に
570頃:司教モノルフが聖セルファース教会を石造で建て替え拡張 590-670頃:少なくとも12人の造幣官がマーストリヒトで活動 6世紀末~7世紀末:メロヴィング朝の王がたびたび滞在 700頃:司教ランバートが殺害される 720頃:司教区の中心がマーストリヒトからリエージュへ 881:ヴァイキングの来襲 11世紀/12世紀:聖セルファース教会に聖堂参事会発足、聖母教会に聖堂参事会発足 1204-:マーストリヒト包囲 by リエージュ司教君主 1229:ブラバント侯が市壁の建設を許可 1275:ローマの橋が崩壊 14世紀:2番目の市壁の建設 1407:マーストリヒト包囲 by リエージュ反乱軍
近世
1504:ハプスブルク家ブルゴーニュ侯がスペイン国王に即位1568:八十年戦争始まる1581:スペイン国王廃位令1609-1621:休戦1648:八十年戦争終わり独立 ネーデルラント連邦共和国1795-:バターフ共和国(仏傀儡国)1806-:ホラント王国(仏傀儡国)1810-:フランス併合時代1815-:ネーデルラント連合王国1839-:オランダ王国
1576:スペイン兵およびドイツ傭兵による侵略 1566:カトリックとプロテスタントの平等 1579:マーストリヒト包囲 by スペイン部隊:プロテスタント派の殺害または追放 1632:マーストリヒト占拠 by 反乱州(オランダ)軍 1638:スペインに味方した22人の裏切り:9人が処刑 1659-83:市庁舎の建設 1673:フランスに包囲される(ルイ14世) 1748:フランスに包囲される(ルイ15世) 1793:フランスに包囲される(革命派) 1794:フランスに占領される(ナポレオン帝) 1795:フランス帝国下でマース下流域部の都になる 1795:聖堂参事会の強制解散
近現代
1940.5:ロッテルダム空襲 ナチスに降伏1944-1945:ナチスからの解放
1815:リンブルフ州の州都になる 1838:聖ニコラウス教会の解体 1878:市壁の解体 1915:マーストリヒト駅開業 1916:聖ランバート教会堂建設 1932:ウィルヘルミナ橋開通 1940:マーストリヒトの戦い:ドイツ優勢 1944:連合軍による解放 1968:ジョン・F・ケネディ橋開通 1976:マーストリヒト大学設立

参考:Timeline of Maastricht(2019.11)

旅のレポート
旅レポ中世にタイムトリップ!【マーストリヒト】オランダ南端の町
聖母教会 / 聖セルファース教会 / 地獄の門 / 聖セルファース橋 / ミッフィー専門店
旅行情報
紋章

関連情報