地図とハイキングコース

凡例
赤い線…実際に歩いたハイキングコース
紺色のピン…交通機関
黄色のピン…施設・見どころ
橙色のピン…利用したレストラン

登山口までの交通

ベルヒテスガーデン駅前のバスターミナルから路線バス846系統に乗車し、[Wimbachbrücke]で下車します。RVO-Bus 公式サイト でバスの時刻表のPDFをダウンロードできます。 検索フォームに"846"と入力し[Suchen]をクリック。 検索結果の[Fahrplan]の列に表示される[Download (PDF)]をクリックしてダウンロードします。

バスの時刻表の見方は こちら

ハイキング:渓谷の急流と牧歌的な風景コース(5h15)

基本情報
標準コースタイム:3h10
距離:8.3km
高低差:520m
私たちの所要時間:5h15(昼食、撮影、休憩込み)

バス停 [Wimbachbrücke] で下車し、川を渡って南へ歩くと右手に"無人"の観光案内所があります。 山や地形についての説明パネルや模型がありますが、すべてドイツ語です。(わたしには読めません💦)

公園の案内所(無人)

川を左手にして道なりに歩き HOCHECK と書かれた建物が見えたら、引き続き道なりに進みます。上り坂です。

やがて右手に1台の券売機らしきものが現れるので、ここで トークン を購入します。 急流を見物するために築かれた遊歩道の利用券のようなものです。 通常料金は一人2.5ユーロ、ゲストカードがあれば割引で2ユーロです。 各種カードも使えますが、念のためコインか低額紙幣を持っていると安心です。

道なりに進む
トークン販売機

遊歩道はここから少し先にあります。分かれ道に差し掛かったらウィンバッハクラム[Wimbachklamm]と書かれた方へ進みます。 すぐにエントランスが見えますので、先ほどのトークンを差し込んで回転式のゲートを通ります。

有報道への入り口。トークンを差し込んで回転扉を回します
遊歩道の雰囲気(スマホで広角撮影)

渓谷の急流を見終えたら、川を渡って東[Schapbachalm方面]へ進みます。

遊歩道を抜けたらSchapbachalm方面に向かい川を渡ります
この川を渡ります

シャプバッハ通り[Schapbachweg]を南へ向いて少しだけ登り、 次の分かれ道からは[Stubenalm]を目指して進みます。 道なりに登ってゆくと徐々に後方の視界が開けてきます。 途中、眺めの良い場所にはベンチが置かれているので、休憩しながら登れます。

シャプバッハ通り[Schapbachweg]を少しだけ南へ
ここから[Stubenalm]を目指して進む
進むにつれて視界が開けてくるので歩くのが楽しくなります
所々にベンチがあり、休憩しながら進むことができます
あと一息

着きました。 カウベルが響く[Stubenalm]、絵にかいたようなアルプスの長閑な風景です。

[Stubenalm]
心地よい時間
山で頂くサンドイッチは美味しい
小屋に近づくと…
セルフサービスの飲み物が冷えていました(2.5ユーロ~)

体力と時間があれば、ここから[Mitterkaseralm]まで往復するのも素敵そうですが、 時間も自信もない私たちは迷わず山を下ります。

まずは[Schonau]方向へ 444 のルートを進みます。 分岐点まで下りたら[Schapbachalm]方面へ 442 のルートを道なりに進みます。 ここからは車も通る道です。歩きやすい道ですが、きれいに均された砂利道の斜面は、砂利の上で時々滑りそうになります。

[Schonau]方向へ 444 のルートを進みます
こんな道です
ここから[Schapbachalm]方面へ 442 のルートを道なりに進みます。車も通る道です

序盤の分岐点まで戻ってきました。 同じ道を帰るのもあれなので、復路は川の東側を歩いてバス停に向かうことにしました。

序盤の分岐点

下山に要した時間は思ったよりも短く、このためバスの待ち時間がずいぶん長くなりました。 駐車場にある売店でアイスクリームなどを売っています。 ほかにカフェもあります。

ドイツ語のみかと思いますがエリア専用の地図アプリがあるようです

ベルヒテスガーデン駅までは、往路と同じくバス846系統で移動しますが、 環状バスなのかあるいは臨時の路線変更のためか、往路と異なる道を走りました。 その窓からの景色がとても綺麗でした。

バスの窓から

明日は、いよいよナチス党のティーハウス(現レストラン)があるというケールシュタインハウス に行きます。 ハイキングルートもあるようですが、事前に十分な情報を収集できず(おそらく登山中は森林の中で眺望はあまりよくない…?) 御多分にもれずバスで山頂付近(約1700m)まで向かったあと、リフトを使わずに、120mほどだけ申し訳程度に坂道を登りました。

旅行記 ケールシュタイン山頂の散策<初級>
終点のバス停からケールシュタインハウスまでの高低差120mほどだけ、リフトを使わずにつづら折りを登って申し訳程度のハイキング。頂上で最高の絶景を存分に堪能。

本日の行程

凡例
[R]…予約済み [F]…未予約 [X]…予約不可 
(1h00)…実際の所要/滞在時間
駅…とくに記載がない限り「ベルヒテスガーデン駅」のこと
8月(月)🌤
[X] 駅から路線バス846系統09:15 ZOB/Hauptbahnhof, Berchtesgaden > 09:24 Wimbachbrücke, Ramsau b. Berchtesgadenハイキング:渓谷の急流と牧歌的な風景コース(5h15) [X] 駅まで路線バス846系統15:59 Wimbachbrücke, Ramsau b. Berchtesgaden > 16:28 ZOB/Hauptbahnhof, Berchtesgaden[R] ベルヒテスガーデン泊

実はラムサウ[Kirche, Ramsau b. Berchtesgaden]まで行くつもりでバスに乗車。 ところが工事で通行止めのためバスは途中の Wimbachbrücke で折り返しとなる。 やむなくここで下車して、バス停でハイキングのプランを練り直し(地図が役立つ)。 結果的には、 谷も川もアルプスの風景も味わえる凝縮コース を堪能できて◎だった。

関連 & 情報

ベルヒテスガーデン7泊8日(2019夏)
書籍[PR]

ドイツ第2版
著者:稲垣瑞美

公式紹介文:本書は、単語やフレーズを指さしながら会話ができる本です。実際の会話の場面で話し相手に興味を持ってもらうための工夫がいたるところでなされています。言葉の一つ一つは、使うためはもちろん、現地の人たちに“ウケる”ことも考えて選ばれており、イラストも興味をひくために盛り込みました。第1部「指さしシート」は...

出版社:情報センター出版局
発売日:2008年07月

楽天Books

ドイツ
著者:稲垣瑞美

公式紹介文:本書は、単語やフレーズを指さすだけで通じる便利な会話帳です。「旅の指さし会話帳20 ドイツ」から厳選抜粋した内容をコンパクトに収録。見たいページがすぐに開けるよう、状況・項目別に分類されています。各単語には、できるだけ実際の発音に近いヨミガナが付いており、表情豊かなイラストは現地の人の理解度を高...

出版社:情報センター出版局
発売日:2010年04月

楽天Books

観光施設・地域の情報
ハイキング
交通
参考資料
Wikipedia:
Königssee St. Bartholomew's Church, Berchtesgaden  Berghof (residence) Kehlsteinhaus Kehlstein  Berchtesgaden Alps Dokumentationszentrum Obersalzberg Schnapps Berchtesgadener Land
その他:
The Eagle’s Nest today – a legacy of recent history | Berg-Restaurant Kehlsteinhaus 登山用語解説の記事 - スキーと登山 髙波太一ブログ オンラインで登山届を出そう! 山と自然ネットワーク コンパス言語選択(日本国内) 世界の医療事情 | 外務省  登山中に怪我をした!初期対応や救助依頼などを救助隊員に聞いてみた | YAMA HACK