ヒエロニムス・ボス・アートセンターを目指してセルトーヘンボスへ。近代アートを思わせるシュールな世界観は意外にも500年も昔に描かれたものでした。

デビルメーカーと言われたヒエロニムス・ボスの絵を堪能し、聖ヤン教会、北ブラバント博物館、市の町並みを見学し、名物のボッシュ・ボルをほおばってきました。

日本から旅行に来た友達とお出掛けしてきました。

1.ヒエロニムス・ボス美術館[Jheronimus Bosch Art Center]

ヒエロニムス・ボス美術館正面

この美術館は2007年にオープンしました。もと教会だった建物を利用してヒエロニムス・ボスの傑作および関連作を展示しています。ヒエロニムス・ボスは15世紀の画家です。セルトーヘンボスで生まれ育ちました。

写真撮影 OK!

Dit is een afbeelding van een rijksmonument met nummer

館内は写真撮影OKです。三連祭壇画なども開閉自由です。何故なら「展示品はレプリカだから」です。本物を見れると思っていた私は驚きましたが、レプリカだと知っていた友達は平静でした(笑)。

オリジナル(原画)は世界各国の美術館に散って所蔵されています。それらは写真撮影も出来ませんし、額縁に触れることも出来ません。でもこの美術館なら写真を撮り放題!…です。

展示品はオリジナルと同じサイズです。額縁もオリジナルと同じ仕様です。

展示品はヒエロニムス・ボス関連の油彩画29点線描38点、加えて市の現代美術作品が数点です。受付で貰える冊子に各作品の解説が書かれています(蘭語/英語、他)。冊子は持ち帰れます♪

ヒエロニムス・ボスは500年前の画家

Interior: The Last Judgment. circa 1482-1516. oil on panel. 163 × 247 cm (64.1 × 97.2 ″). Vienna, Academy of Fine Arts Vienna.
ヒエロニムス・ボスは15世紀の画家です。いまから500年も昔です!500年前と言えばルネサンス期です。昨日、ライデンのラーケンハル博物館で北方ルネサンスの宗教画を見ました。いわれてみれば、細かい描き込みという点では共通しているような気もします。

でも、奇妙な動植物はずいぶん独特です。ヒエロニムス・ボスは「デビル・メーカー」の異名をとりました。彼が描くモンスターは、一般的なイメージからかけ離れて独特のシュールさがあります。独創性に富んでいます。21世紀の凡人ワタシの目にはコミカルに映り、ある種のキャラクターにさえ見えます。

彼の絵は王侯貴族からもてはやされました。ヒエロニムス・ボスは画家として成功し、地位も名誉も得ています。むしろ他の画家に影響さえ与え、似たような作品が制作されました。後世の画家にも影響を与えました。

作品の多くはスペインのプラド美術館に

Interior: Hieronymus Bosch and/or workshop. The Hay Wagon. circa 1516-1550. oil on panel. 147 × 212 cm (57.8 × 83.4 ″). Madrid, Museo del Prado.
16世紀の聖画像破壊運動のあおりを受けて、ヒエロニムス・ボスのほとんどの作品が紛失しています。Wikipedia(Ja)に拠れば、わずか30点ほどの作品が遺されているのみだそうです。

そのうち10点もの傑作がスペインのプラド美術館の所蔵ということです。これはスペイン国王フェリペ2世(1527-1598)がヒエロニムス・ボスの絵画の愛好家だったためです。

このアートセンターに展示されている作品の中から、プラド美術館所蔵の作品を探してみると、6点が該当しました。あれ?10点に及ばないですね。…あと4点は何でしょう?

小さなテーマパーク

Dit is een afbeelding van een rijksmonument met nummer

作品に描かれたシュールな生き物が立体になって天井から吊るされています。

美術館には地下もある

15世紀のアトリエが再現されていて、ヒエロニムス・ボスらしき人物がキャンバスに向かっています。制作過程がわかる下絵も並べられています。窓(を模した壁)から見える外の景色(絵)はマルクト広場。外から聞こえる牛の声や生活騒音も再現されていました。

お絵かきコーナーも設けられています。記念にラクガキを一枚、残してきました。

タワーも見逃せない

教会の塔によくある螺旋階段ではなく、ここはエレベーターでスイっと登って市街を一望できます。聖ヤン教会の美しいフライングバットレスがはっきりと見えます。ガラス張りになっていて、バルコニーに出られないのだけがちょっと残念。そのぶん高所恐怖の人(私)には優しいタワーでした。

作品の意図を探る

『快楽の園』
左図は、ヒエロニムス・ボスの作品の中でも有名な三連祭壇画「快楽の園(The Garden of Earthly Delights)」です。向かって左のパネルに「エデンの園」中央に「快楽の園」右のパネルに「地獄」が描かれています。

Wikipedia(Ja)に拠れば、この絵の主題についてはさまざまな解釈があるとのこと。

中央パネルが好色の罪を表し、その罪を犯した者が右パネルの地獄図で罰せられているとするのが、最も一般的な説であるが、ボスが『阿呆船』を題材とした、他の作品『狂人船』では教会勢力を痛烈に批判していることと併せ、この絵はアダム教或いはアダム主義(en)と言われる異端の描写であり、地獄図で拷問されているのは騎士、僧侶などアダム主義の密儀を否定する教会勢力とする説もある。Wikipedia
ヒエロニムス・ボスの生涯

ヒエロニムス・ボスのサイン
ヒエロニムス・ボスは画家一族の家系に生まれました。生誕地はここセルトーヘンボス。生年は1450年頃だろうと憶測されています。祖父、父、叔父、兄弟が揃って画家でした。

祖父がアーヘン(現ドイツ)出身だったのでアーヘン一家と呼ばれました。一家はアトリエ(工房)を持ち、家族や弟子と共に制作にあたっていました。ヒエロニムス・ボスは作品に、ボス(Bosch)とサインしました。市の名称です。

顧客は王侯貴族や聖母教会のメンバーシップでした。彼は瞬く間に有名になり、地位も向上しました。上流階級の女性と結婚し、子供がないまま、1516年に亡くなっています。

彼の生涯と作品について知っておきたい人に、以下のWebページをお薦めします。

解説ヒエロニムス・ボスの生涯と代表作品(1) フランドル派の異端児ボスの人生と絵画一覧
名画を理解するための情報を提供してくれるサイトです。ヒエロニムス・ボスについて時代背景や生い立ち、鑑賞ポイントをわかりやく解説してくれています。

天文時計「最後の審判」

館内でカラクリ時計を見ることができます。

1時間毎にカラクリが動き出します。キリスト誕生のシーンに続いて、「最後の審判」が始まります。「最後の審判」で仕分けされる人たち、とくに地獄行の人の…後姿が、なかなか切ないです。

この天文時計のオリジナルは、かつて聖ヤン教会にありました。1513年に設置され、しかし1584年の火災で焼失してしまいました。本物の天文時計の断片が、今も聖ヤン教会(おそらく付属博物館?)に遺っているそうです。

タイトル:Astronomisch kunstuurwerk in het Jheronimus Bosch Art Center
公開者:Jheronimus Bosch Art Center

2.セルトーヘンボス[デンボッシュ]の街並み[Den Bosch]

こぬか雨降る…♪

町並みが綺麗です。小雨が降っていました。秋だからか、凛としつつ哀愁がありました。

地面にタバコの吸い殻が落ちていませんでした。アムステルダムが「大阪」なら、デンボッシュは「芦屋」といった印象です。育ちが関西なので関西で例えました。

しっとりキレイな町並み

マルクト広場
マルクト広場

マルクト広場は三角形で、視界に飛び込む建物群の遠近が美しいです。中央に井戸があります。井戸は使われていませんが、側面に飲用水の蛇口がついていました。

シティホールは1670年築。ガイド付きツアーに申し込めば内部の見学が可能です。建物正面に「1944」という数字が書かれていました。ナチスからの解放の年だと思います。2019年の今年はナチスからの解放75周年に当たります。

モンスターが点在

面白いのは、ヒエロニムス・ボスが描いたモンスターが立体になって、街に点在していることです。たまたま3体を見つけました。探せばもっとたくさん出会えるかもしれません。

徒歩で散策できる大きさの街だと思いましたが、観光案内所の情報によれば自転車の貸出が無料らしいです。

モンスターが立体になって点在
マルクト広場
マルクト広場

3.聖ヤン教会[De Sint-Janskathedraal]

ヒエロニムス・ボス美術館から見える聖ヤン教会

聖ヤン教会の建設が始まったのは1220年。当初は市壁の外にあり、小教区の教会でしかありませんでした。1318年の市壁拡張によってようやく内側におさまります。

聖ヤン教会はカトリック派の教会堂

Kathedrale Basiliek van St. Jan Evangelist, Torenstraat 18, ‘s-Hertogenbosch

聖ヤン教会は、カトリック派の教会堂です。1629年から1815年までは、プロテスタント派の教会堂として使われました。

宗教改革の時代、オランダの多くの都市でプロテスタントが優勢になりました。しかし、ここセルトーヘンボスではカトリックが優勢でした。

セルトーヘンボスは、八十年戦争でスペイン側につきますが、反乱軍に陥落されて、以後オランダとして歴史を歩みます。詳しくは下記「八十年戦争でスペイン側についたセルトーヘンボス」にまとめました。

八十年戦争でスペイン側についたセルトーヘンボス

View on Den Bosch and the city gate. The moment when the besiegers breached the bastion next to the city gate. Negotiations for surrender began soon after. 1629.
教会と市の略史が気になったので後日ウェブで調べました。時は16世紀。ルターやカルヴァンに始まる宗教改革運動が各地で激しくなった時代。当時、ネーデルラント(現・オランダ、ベルギー、ルクセンブルク)はスペインの支配下にありました。スペインはカトリック教国でした。

ネーデルラント北部の都市の多くはプロテスタント派が優勢でしたが、セルトーヘンボス市ではカトリック派が多数を占めていました。

この時期、スペインの圧政と宗教弾圧に耐えかねたネーデルラント諸州が反乱を起こします。政治問題と宗教問題が絡んだこの反乱は、八十年戦争に発展しました。この結果、反乱州が「オランダ共和国」として独立します(1648年)。

さてセルトーヘンボス市ですが、この戦争においてスペイン側に就いていました(!)。昨日訪れたライデンとは逆の立場だったのです。余談ですが、スペイン国王フェリペ2世はヒエロニムス・ボスの絵画のファンでした。

1629年に転機が訪れます。セルトーヘンボス市が反乱軍に陥落されてしまうのです!

オランダ共和国の独立が国際的に承認されたとき、セルトーヘンボスはオランダの手に落ちていたので、以来オランダとして歴史を歩むことになりました。もとスペイン側だったこともあり、自由と自治は制限されたかもしれません。

聖ヤン教会は、陥落の年から1815年まで、プロテスタント派の教会として使われました。

1810年。オランダ*31がフランスに組み込まれて消滅します。フランス皇帝ナポレオンは「聖ヤン教会をカトリック派に返還する」と約束しました。しかし果たせないままプロイセン(ドイツ)に敗れて、うやむやになりました。

1815年にオランダが王国として復活します。初代国王ウィレム1世は、聖ヤン教会をカトリック派に返還することに同意し署名しました。聖ヤン教会は約180年ぶりに、カトリック派の教会となり現在に至ります。

*31 オランダ…当時、正しくは「ホラント王国」。フランス革命の余波を受けて、オランダも揺れていた時代。⇒オランダの変遷ざっくり

資料St. John’s Cathedral (‘s-Hertogenbosch)
Wikipedia の「聖ヤン教会」ページ(英語)
資料Geschiedenis van de Sint-Jan
聖ヤン教会の公式サイトの歴史のページ(蘭語)
資料図説オランダの歴史(河出書房新社 2012.4)著:佐藤弘幸
ふくろうの本シリーズ
携帯電話を持つ天使の像

この看板からまっすぐ上を見上げると…
「携帯電話を持ってる天使の像があるらしいよ」と友達から聞きました。教会の両側に伸びるフライング・バットレスに、計96の像が設置されているという聖ヤン教会。この中に、その天使が潜んでいます。

見つけるのは至難の業…!と思ったら、教会で購入したパンフレット(€1.50)に、そのエンジェルの所在が載っていました。

エンジェルはジーンズを履いています。携帯電話のボタンはひとつだけ。神様への直通ダイヤルとのことです。Wikipedia(en) に拠れば、ジェットパックを背負ったエンジェルの案は却下されたそうです。

豆の壺をひっくり返す男

The statue of the Erwtenman of the Saint Jan church of Den Bosch in the Netherlands (Photo Ruben Koman, 2012).
教会の外壁の装飾に「豆壺をひっくり返す男」のレリーフがあります。この男は建設現場の監督。妻から手渡された「弁当」が「豆」でした。男は、お粗末な弁当に怒って、入れ物をひっくり返しました。

この寓話の教えは「どんな食事や物にも感謝を」です。この話は18世紀に広まり、レリーフは19世紀に加えられたものだそうです。

現代日本で例えたら、豆ぎっしりの壺は「日の丸弁当」よりも残念な位置づけなのかな?と想像してみます。妻が何を思ってこの弁当を渡したのか…家庭事情も気になるところです。

4.北ブラバント美術館[Het Noordbrabants Museum]

Front view of the Museum of Northern Brabant in ‘s-Hertogenbosch, the Netherlands

常設展ではセルトーヘンボス市の歴史にまつわる展示を見ることができます。1400年〜現代までの絵画や機械や商品が陳列されています。

ヒエロニムス・ボスにまつわる作品の展示

Naar Jheronimus Bosch. De verzoeking van de heilige Antonius. Ca. 1530-1600.

ヒエロニムス・ボス関連の原画が見られるコーナーもあります。弟子による作品、判別が難しい作品が展示されています。

いずれも、先に訪れた「ヒエロニムス・ボス美術館」では見かけなかった作品です。数は少ないですが、原画ということで見応えはあります。

ヒエロニムス・ボスの没後500年にあたる2016年に、大規模な特別企画展が開催されていたようです。3年前か…惜しい。

特別展の最新情報は公式ウェブサイトで

期間ごとに特別展の催しがあります。私たちが訪れたときは「Van Gogh’s Inner Circle」という特別展が開催されていました。

ヴィンセント・ファン・ゴッホが描いた油彩画、線描、スケッチブック、手紙が展示されていました。ゴッホの交友関係や内面がうかがえる企画でした。

特別展の最新情報は公式ウェブサイトで確認できます。

5.名物ボッシュ・ボル

ボッシュ・ボル

セルトーヘンボスの名物お菓子、ボッシュ・ボル。街中のいろんなカフェやベーカリーで見かけます。私たちは上記の店舗で購入しました。

生クリームたっぷり

一見するとチョコレート掛けシュークリーム。しかし、そのサイズは直径12センチと巨大。特筆すべきは、ぎっしり詰められた生クリームです!

生クリーム好きの人を限りなく幸せにしてくれるお菓子です。逆流性食道炎をわずらい中の私には葛藤がありましたが、抗いきれませんでした

このお店の生クリームは軽い口当たり。甘くない、それがいい。パクパク進んでペロリとお腹に入ってしまいました。

こんな名物お菓子の情報を拾ってきてくれた友達に感謝!ボッシュ・ボルはご当地シンボルとしてキーホルダーなどのグッズにもなっています♪ でもこれが「たこ焼き」に見えてしまう我々なのでした。

ボッシュ・ボルの楽しみ方

The inside of a Bossche bol
カフェに入ると、ボッシュ・ボルはナイフとフォークとともに供されます。コーヒーと一緒にいただくのが定番のよう。ところが私たちは、駅のベンチでシュークリームと同じようにかぶりついてしまいました。

しかしあながち間違いではなかったもよう。伝統的には手で食べるお菓子だったようです。ただし、生クリームがあふれ出て少々厄介です。上手に食べるコツは、チョコレートで コーティングされた面を下にすること☆

ボッシュ・ボルは市内の様々なカフェやベーカリーで見かけます。店舗によって少しづつ味が違うらしいです。元祖と呼ばれるお店は、ヤン・デ・グロート(Jan de Groot)。この店の商品に出会える場所について、詳しくは以下のページが参考になりそうです。

旅レポ知られざるオランダ南部の絶品スイーツ、ボッシュ・ボールを召し上がれ! | GOTRIP!
ボッシュ・ボルの紹介 & ヤン・デ・グロート(Jan de Groot)のボッシュ・ボルを食べれるお店が紹介されています。

感想:セルトーヘンボスを訪れて

スペイン国王のフェリペ2世は、ヒエロニムス・ボスが亡くなった約10年後に生まれています。ヒエロニムス・ボスの絵画の愛好家でした。ボスの絵のどんな部分に、どんなふうに魅かれたのか気になります。機会があれば知りたいのでアンテナを張っておこうと思います。

セルトーヘンボスが八十年戦争でスペイン側についていた都市というのも興味深かったです。歴史は後日調べたので、当日はわけもわからず現地を歩いていましたが。

この前日に、ライデンで解放記念のお祭りを見ていました。遠い昔に立場が反対だった街が、いまは同じ国。オランダの超ざっくり通史を頭に入れて各地を訪れ、疑問をもって調べて少し詳しく知る。そして、もう一度訪れたくなる。いまはこんなローテーションが楽しいです。

ところで、北ブラバント博物館。私たちが訪れた日は特別展も開催されていました。でも見たかったのは「常設展」です。館内で迷子になった私たちを係員さんは「特別展」に案内してくれました。このため本命の「常設展」を閉館まぎわに駆け足で巡ったことは思い出深いです。今後のために覚えておきたい英単語は次の2点:

  • 常設展…Permanent exhibition(パーマネントエキシビジョン)
  • 特別展…Temporary exhibition(テンポラリーエキシビジョン)

係員さんに道案内をしてもらうときは、何を見たいのか正しく伝えなきゃ💡

ヒエロニムス・ボス美術館のお絵描きコーナーにて。記念の描き置き。

関連情報と参考資料

オランダ観光

ナイメーヘン - Nijmegen - 歴史散策

オランダ東部・ヘルダーラント州の町ナイメーヘンへ行ってきました。ドイツ国境に近く、古代ローマ帝国の北端に位置し、中世には神聖ローマ皇帝がたびたび訪れた街です。第二次大戦では、あろうことか同盟連合軍の空爆を受けていました(!)現地滞在8時間。19のスポットの場所や略史の他、新たに知ったこと・気になって調べたこと・感じたことを書き残しておきます。(勢い余って観光マップも作ってみました。)

交通
解説 オランダ鉄道の切符を安く手に入れる方法! | Arto Explore
都市間移動 1日の交通費が16.5 ~ 20ユーロ以上かかる場合、NSや旅行代理店が発行する1日乗り放題の切符、あるいは旅行者用のチケットがお得な場合があります。このページでは、居住者及び旅行者向けに、鉄道を安く利用する方法をいくつか紹介&解説してくださってます。
参考資料
Wikipedia:
ヒエロニムス・ボス‘s-HertogenboschGeschiedenis van de Sint-JanSt. John’s Cathedral (‘s-Hertogenbosch)
その他:
ヒエロニムス・ボスの生涯Jheronimus Bosch Art CenterVVV Noordoost-Brabant

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。