年表ベースでまとめた世界史ノートです。

ヨーロッパ編 / その他編

1455年:グーテンベルクが活版印刷の技術を実用化

タイトル:How a Gutenberg printing press works
公開者:Sabrina Huyett

情報技術 ドイツ人のヨハネス・グーテンベルクが「本」を印刷しました。 活版印刷の実用化に成功したのです。 金属活字に付いたインクをうまく紙に刷る印刷機を「発明した」とされています。

これまで本は人の手で書き写されるもので、時間を要し、数も少なく、とても高価なものでした。 印刷技術の登場は、いままでよりも多くの人に本に触れる機会をあたえ、学びの世界をひろげることになりました。 本は、土地の言語、ラテン語、ギリシャ語などで印刷されました。

グーテンベルグが最初に印刷した本は、聖書のラテン語訳版です。 185部が印刷されました。 (これはヨーロッパでは初めての技術でしたが、中国では11世紀頃からすでに近い技術が使われていました。)

グーテンベルクの人生

Gutenberg Bible of the New York Public Library. Bought by James Lenox in 1847 /
☆ By NYC Wanderer (Kevin Eng) – originally posted to Flickr as Gutenberg Bible, CC BY-SA 2.0, Link
ヨハネス・グーテンベルクはドイツの都市マインツで、上流階級の商人(patrician merchant)の末っ子として生まれました。 グーテンベルクの生い立ちは不明な点が多いですが、父方の家系を遡ると、13世紀にはマインツの貴族だったといわれています。 14世紀から15世紀にかけて彼の家系は「大司教の造幣所の親方の地位」を世襲しており、グーテンベルクも金細工の取引を見ながら育ったと伝えられています。

成人したグーテンベルクは金属加工の腕を磨き、貨幣鋳造職人としてその手腕を高く評価されていました。

グーテンベルクは1450年までに、印刷所を運営を開始していました。 裕福な金貸しのヨハン・フストから事業資金を得て、二人は共同事業者として新規事業を立ち上げました。 自宅の印刷所にくわえて、出資金で新しい印刷所を設立しました。

しかし、ちょうど最初の聖書が印刷された頃、フストから訴訟を起こされます。 グーテンベルクは共同事業者のフストから二回にわけて1,600グルデンの資金を借り入れていましたが、 資金の一部を別の用途に使った上に、返済の意志がないとみられたためです。

裁判所はフストの訴えを認め、グーテンベルクに借金の返済を命じましたが、グーテンベルクには十分な所持金がありませんでした。 かわりに、グーテンベルクの印刷機と活字版、印刷済みの聖書の半分などが、すべて抵当としてフストの手に渡りました。

グーテンベルクはこれで終わることなく、再び資金を集めて自宅の印刷所で書籍の印刷を続けました。 ただ、グーテンベルクには印刷日時や印刷者の名前を書物に入れるという発想がありませんでした。 一方で事業を継続していたフストは、世界で初めて奥付に印刷日と印刷者名(フスト)を入れ、歴史に名を残します。

1468年、グーテンベルクは世を去りました。 没年齢は70歳頃と考えられています。 亡くなる3年前、グーテンベルクは印刷術考案の功績を讃えられ、アドルフ大司教の宮廷に従者として召し抱えられる栄誉を得ました。 グーテンベルクが埋葬されたマインツの教会と墓地は、後に破壊されたため、現存していません。

ヨハネス・グーテンベルク

グ-テンベルクの時代
著者/監督:ジョン・マン/田村勝省

かつて創造されたもののなかで、もっとも驚嘆すべき一冊の本、芸術と技術という宝石-。グーテンベルク聖書という人類の至宝を生み出した技術者の謎の生涯と、激動の時代状況を、豊富な資料を駆使して生き生きと描き出した好著。

出版社/発売元:原書房
発売日:2006年11月

楽天books 

その他の記事とリンク集

ヨーロッパの歴史

|1456年| ドラキュラ公ヴラド3世の即位(ルーマニア) 15世紀:ヨーロッパの歴史

ヴラド3世はたとえ貴族であっても串刺しに処し、敵軍であってもその数のおびただしいことから、後世になって悪魔的なイメージと結びつけられました。 (ただし近年は、オスマン帝国に抵抗をつづけたルーマニアの英雄として見直されています。)

|1469年| ルネサンスの庇護者メディチ家、ロレンツォが当主になる 15世紀:ヨーロッパの歴史

メディチ家は、15世紀後半にフィレンツェの実質的な支配者(僭主)として君臨し、16世紀にはトスカーナ大公国の君主となった一族です。 ルネサンス芸術の保護者としても知られる家系です。

|1453年| コンスタンティノープルの陥落 15世紀:ヨーロッパの歴史

ビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルの城壁が、オスマン帝国の第7代スルタンのメフメト2世によって破られました。

|1450年| グリーンランドのバイキングが衰退・消滅 15世紀:ヨーロッパの歴史

グリーンランドに定住していたバイキングが、1450年頃を境に消滅しました。 理由は諸説あり、気候の厳しい寒冷化によって航海がむずかしくなったこと、交易の衰退、および欧州で象牙が流通しセイウチの牙の価値が減少したことなどがあげられています。

全件表示

当時の世界
|1464年| ソンガイ帝国でスンニ・アリが即位、領土を拡大 15世紀:アフリカ大陸の歴史
|1467年| 応仁の乱(日本) 15世紀:アジアの歴史
|1453年| コンスタンティノープルの攻略 15世紀:アジアの歴史
|1336年| ヴィジャヤナガル王国の建国(南インド) 14世紀:アジアの歴史

全件表示

英単語Quizlet
英語で欧州史をむための単語帳(随時更新)
外部リンク集
地図マインツ
グーグル・マイマップ
歴史世界史用語解説 活版印刷術
活字による印刷術。ヨーロッパでは15世紀にグーテンベルクが実用化し、宗教改革などで急速に広がり、文化の様相を一変させた。
動画Johannes Gutenberg and the Printing Press
Johannes Gensfleisch, genannt Gutenberg (* um 1400 in Mainz; † 3. Februar 1468 ebenda), gilt als Erfinder des Buchdrucks mit beweglichen Metalllettern (Mobilletterndruck) in Europa…
旅行記街中に立つグーテンベルグ 3. Rossmarktのグーテンベルグ像
ドイツのタイポグラフィ・デザインレポート第3回。Rossmarkt(ロスマルクト広場)のグーテンベルグ像です。
画像Print shops in the 15th century per establishment date and book output
Printing places of incunabula showing the spread of printing in the 15th century. 271 locations are known, the largest of them are designated by name.