年表ベースでまとめた世界史ノートです。

ヨーロッパ編 / その他編

1486年:ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」が完成

タイトル:Botticelli – The Birth of Venus
公開者:University of Birmingham

ルネサンス 絵画 イタリア

絵画「ビーナスの誕生」は、イタリアの画家サンドロ・ボッティチェリ(生没 ca.1445 – 1510)によって描かれました。 1486年頃に完成したと推定されています。 描かれているのは、成長した姿で誕生した女神ヴィーナスが、岸に到着したシーンです。

古代神話をテーマに、また裸の女性像が存在感をもって、このように大きなスケールで描かれることは、西ヨーロッパにおいて古代以来はじめてのことでした。

この絵は、イタリアのフィレンツェにある「ウフィツィ美術館」に収蔵されています。 同美術館には同じくボッティチェリの手になる絵画「プリマヴェーラ」も収蔵されており、 両者ともイタリアルネサンスの代表作として世界的に有名です。 メディチ家が発注したというのがかつての定説でしたが、現在は不明とされています。

The Birth of Venus

サンドロ・ボッティチェリと作品一覧

detail: Self-portrait, Botticelli
☆ By Sandro Botticelli – The Yorck Project (2002) 10.000 Meisterwerke der Malerei (DVD-ROM), distributed by DIRECTMEDIA Publishing GmbH. ISBN: 3936122202., Public Domain, Link
サンドロ・ボッティチェリはルネサンス初期の画家で、イタリアの「フィレンツェ派」に属します。 ボッティチェリの作品は、彼の死後から19世紀まで不人気でしたが、以後は初期ルネサンスの優美さを代表するものと見なされています。

彼はその人生のほとんどをフィレンツェで過ごしました。 例外といえば1474年にピサで、そして1481-82年にローマで過ごしたくらいだろうと言われています。

ボッティチェリは、1470年代には独立して評判を得ていました。 1480年代が、彼の最も成功した時期と考えられています。 大きな古代神話画のほとんどはこの時期に描かれました。 1490年代から、スタイルがすこし変わります。

ボッティチェリの方向性は、レオナルド・ダヴィンチ(生没 1452 – 1519)と対照的であるとみなされることがあります。 新しい世代が盛期ルネサンスに向かうのに対し、ボッティチェリの作風はいくぶんゴシック(中世)に逆戻りしました。 ボッティチェリは「イタリア絵画の主流から外れている」とも評されます。 つまり、人体・遠近・風景を現実的に描く新技法に大きな関心を示さず、古代の手法を応用して描き出しているというものです。

Sandro Botticelli

Sandro Botticelli, The Birth of Venus (c. 1484–1486). Tempera on canvas. 172.5 cm × 278.9 cm (67.9 in × 109.6 in). Uffizi, Florence
☆ By Sandro Botticelli – Adjusted levels from File:Sandro Botticelli – La nascita di Venere – Google Art Project.jpg, originally from Google Art Project. Compression Photoshop level 9., Public Domain, Link
1470年代
1480年代
1490年代
1500年代
|1497年| サヴォナローラの支持者が「虚栄の焼却」を行う 15世紀:ヨーロッパの歴史
|1436年| サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の完成 15世紀:ヨーロッパの歴史
1436年、イタリアのフィレンツェ市にサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂が完成しました。大聖堂のドームはブロックの特殊な配置によって重さを分散して独立するよう設計されています。 ルネサンスの偉業のひとつとされ、世界最大のブロックドームとして現在まで遺っています。

全件表示

空想の旅にでかける
地図ウフィツィ美術館
メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫である。展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェッリ、レオナルド、ミケランジェロ、ラッファエッロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画が系統的に展示されている。
リンク外部リンク集
参考資料・動画・旅行記などへのリンク集

転生するイコン
著者/監督:松原 知生

災厄の時代、美術は何を託されたのか。古今の時間を自在に行き来し、「像」と「アート」の汽水域にたゆたうシエナ派絵画。イタリア戦争と宗教改革にともなう波乱のなか、「聖母の都市」を守護する古きイコン=聖画像はいかに動員され、新たな使命を獲得したのか。繊細なシエナ美術に秘められたダイナミズムを析出し、イ...

出版社/発売元:名古屋大学出版会
発売日:2021年01月15日頃

楽天books 

その他の記事とリンク集

ヨーロッパの歴史

全件表示

当時の世界
|1488年| バルトロメウ・ディアスが喜望峰に到達(ポルトガル) 15世紀:ヨーロッパの歴史
|1490年頃| シク教の誕生 15世紀:アジアの歴史
|1470年| インカ帝国がチムー王国を征服 15世紀:アメリカ大陸の歴史
|1467年| 応仁の乱(日本) 15世紀:アジアの歴史

全件表示

英単語Quizlet
英語で欧州史をむための単語帳(随時更新)
絵画The Birth of Venus
Although the pose of Venus is classical in some respects, and borrows the position of the hands from the Venus Pudica type in Greco-Roman sculptures (see section below), the overall treatment of the figure, standing off-centre with a curved body of long flowing lines, is in many respects from Gothic art.
人物Sandro Botticelli
Botticelli painted only a small number of mythological subjects, but these are now probably his best known works.
動画After 500 Years, A Clue To Who Inspired Botticelli’s ‘Birth Of Venus’ | NBC News
A young Italian woman by the name of Simonetta Cattaneo says he ancestor was the muse Botticelli painted in his masterpieces.
訪問(ウフィツィ美術館)
The collections of paintings from the 14th-century and Renaissance period include some absolute masterpieces: Giotto, Simone Martini, Piero della Francesca, Beato Angelico, Filippo Lippi, Botticelli, Mantegna, Correggio, Leonardo, Raffaello, Michelangelo and Caravaggio, in addition to many precious works by European painters (mainly German, Dutch and Flemish).
旅行記【イタリア旅行5日目】フィレンツェ定番観光!ウフィツィ美術館とドゥオモへ
イタリア旅行5日目のこの日は、午後からフィレンツェに来たら絶対に見逃せない観光スポット、ウフィツィ美術館とドゥオモを見て回りました。

冒頭の写真:Detail: the face of Venus ☆ By Sandro Botticellihttp://ghistoria.files.wordpress.com/2010/05/venus-botticelli.jpg, Public Domain, Link