年表ベースでまとめた世界史ノートです。

ヨーロッパ編 / その他編

1519年:マゼランがスペインを出発、南アメリカ大陸の南端をまわって太平洋へ

マゼラン艦隊の航路
☆ Knutux – 原版の投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンク

大航海時代 スペイン

Half-length portrait of a bearded Ferdinand Magellan (circa 1480-1521) facing front.
不明The Mariner’s Museum Collection, パブリック・ドメイン, リンク

フェルディナンド・マゼラン (生没 c. 1480-1521)はポルトガル生まれの航海士です。 1519年、スペイン王国の旗のもと、香料諸島を探す旅に出発し、西回りの航路で南米大陸の南端をまわって太平洋にでました。

彼が航海した大陸南端の海峡は「マゼラン海峡」と呼ばれるようになりました。

マゼランは1521年にサマール群島(現フィリピン諸島)で命を落としますが、生存者が西へ航海をつづけて1522年にスペインに帰還します。 世界最初の地球周航が成され、が球体であることが証明されました。

マゼランの生涯(年譜)
1480年(0)
ポルトガルの下級貴族出身
幼くして両親を亡くす
少年~青年期
ポルトガル王マヌエル1世に仕える
1505年(25)
ポルトガル領インド初代総督 F.アルメイダのインド遠征に参加
1511年(31)
マラッカ(マレー半島)征服に参加
1512年(32)
リスボンに帰還
1513年(33)
13年モロッコ遠征隊に加わり重傷を負う(生涯、片足が不自由に)
1515年?
ポルトガル王マヌエル1世と不和

鹵獲品の横流しの汚名を着せられたマゼランは無断で帰国、ポルトガル王マヌエルに無実を訴え、香料諸島への派遣を直訴するが、王はこれを無視し、モロッコへ戻るよう命令する。 (中略)1515年、北アフリカ遠征から帰ったマゼランはポルトガル王マヌエルに謁見し、その後ポルトガル宮廷を去っている。 マゼランがポルトガル宮廷を去った詳細や理由についての確実な資料はないが、通説では、マゼランはポルトガル王に2つの依頼をし、拒絶されたからだと推測している。 ポルトガル宮廷を去る | フェルディナンド・マゼラン | ウィキペディア

1517年(37)
スペイン王カルロス1世 (=神聖ローマ皇帝カール5世) に仕え、西回り航路*1でのモルッカ諸島到達を提案
*1 西回り航路
ヨーロッパから大西洋を周りインドを目指す航路 。南アフリカ南端を経由する東回り航路はポルトガルに権利があったため(1494年:トルデシリャス条約
1519年(39)
9月20日、司令船『トリニダード』号ほか4隻の船隊で出航 。(西回りで東洋に到達するルートを捜す旅。計5隻、9ヵ国の人々から成る265人)
南アメリカ沿岸を南下し、南部の海峡*2を通過する。
*2 南部の海峡(マゼラン海峡)
南米大陸部とフエゴ島を分ける細長い水路
1520年(40)
11月、3隻の艦隊が太平洋にでる
99日の航海:食糧と水の欠乏、壊血病
1521年(41)
3月6日、マリアナ諸島のラドロネス島 (グアム島) に到着
3月9日サマール群島 (現フィリピン諸島) の南端に到着
マゼランはここで先住民に殺される
Gnsin, CC 表示-継承 3.0, リンク
☆ ビクトリア号の復元船 マゼラン艦隊のうち世界一周に成功した船

マゼランの死後も生存者が航海をつづけ、『ビクトリア』号ただ1隻がマルク諸島に到着しました。 また、スペインに帰還できたのは17人(18人?)のヨーロッパ人と4人のマレー人だけでした(1522年9月7日)。

ちなみに。スペインを出港するときに乗船させられた奴隷のひとりは、サマール諸島の先住民の言葉を話すことができ、現地で乗組員を驚かせたそうです。 NATIONAL GEOGRAPHICには 「この奴隷はどうやらこの地域の出身であるらしく、これはつまり、世界で最初に地球周航を果たしたのは彼だということになる」と書かれています。

マゼランもポルトガル時代に東回り航路でマレーシアまで行っていますが、フィリピンまではあと少し及ばず…ということでしょうか。

マゼラン | コトバンクMagellan was first to sail around the world, right? Think again. | NATIONAL GEOGRAPHICFerdinand Magellan (1480 – 1521) | BBC – History

タイトル:How Magellan circumnavigated the globe – Ewandro Magalhaes
公開者:TED-Ed

フェルディナンド・マゼラン | ウィキペディアFerdinand Magellan | HISTORY 『世界史図説タペストリー 十七訂版』2019.2 帝国書院

マゼラン
著者/監督:合田昌史

「地球を山分けすることー世界分割」の夢。スペイン・ポルトガル両国による地球の二分割支配という地政学的な使命を負ったマゼランの遠征。多数の史料と図版から、遠征の企画と政治闘争、世界計測の実験とその政治的改竄、黄金島伝説等を検証し、コロンブスを凌駕する壮大なヴィジョンを体現した航海者の姿を浮上させる。

出版社/発売元:京都大学学術出版会
発売日:2006年03月

楽天books 

関連地域の歴史
|1519年| 神聖ローマ皇帝カール5世の即位 16世紀:ヨーロッパの歴史
|1518年| 大西洋横断の奴隷貿易はじまる 16世紀:ヨーロッパ・アフリカ・アメリカの歴史

全件表示

『旅』する 空想ときどき現実
地図マゼラン海峡
訪ねるNao Victoria
The Nao Victoria Museum is located in Punta Arenas, Chile, and has been open to the public since 1 October 2011. The museum is private, the owner has received the Medal of the President of Chile for his work in promoting national identity during the celebrations for the bicentenary of the independence of the South American country.
リンク外部リンク集
動画・旅行記などへのリンク集

その他の記事とリンク集

ヨーロッパの歴史

全件表示

当時の世界
|1519年| アステカ帝国モクテスマ2世の治世とスペインの侵攻 16世紀:アメリカの歴史
|1526年| インド北部にムガル帝国の建国 16世紀:アジアの歴史
|1518年| 大西洋横断の奴隷貿易はじまる 16世紀:ヨーロッパ・アフリカ・アメリカの歴史
|1501年| イスマーイール1世がサファヴィー朝を建国 16世紀:アジアの歴史

全件表示

英単語Quizlet
英語で欧州史をむための単語帳(随時更新)
旅行記マゼラン海峡を渡ってフェゴ島に上陸【アルゼンチン旅行記 #10】
バスごとフェリーに乗って、マゼラン海峡を横断です。もっと寒々とした光景を想像していましたが、天候に恵まれました。ただし、寒い。
旅行記南米最南端 チリ マゼラン海峡 体験旅行記
2017年6月、とうとう、憧れのマゼラン海峡にやって来ました! 南緯53度10分、ここは南米の最南端の都市、風の街で知られるプンタ アレ-ナスです。 

冒頭の写真: ☆