IND(オランダ移民局)発行の仮滞在許可証を所持して90日以上オランダに滞在した私は、Finnair を利用して日本へ一時帰国するとき、乗り継ぎのヘルシンキ空港の出国管理で「不法滞在」扱いを受けました…。仮滞在許可証の発行国が何と言おうと、その有効性は入国を予定している国の入国管理等に事前に確認することが大切だと学びました😭

フィンランドへの再入国禁止を言い渡される

私の仮滞許可証

私はオランダで在留ビザを申請中でした。審査結果が出るまで最長で半年(延長の可能性あり)を要するとのことで「審査待ちの間、90日を超えても滞在が可能」という仮滞在許可証をもらいました。

仮滞在許可証はIND(オランダ移民局)で発行されました。受け取りの際に窓口で「このステッカーはシェンゲン圏内で共通して有効」と言われていました。

そうしてオランダでの滞在日数がゆうに90日を超えた頃、日本へ一時帰国することになりました。

格安キャンペーン中だった finnair を利用し、乗り継ぎ空港のヘルシンキ(フィンランド)のパスポートコントロールで出国審査を受たときに悲しい事実を知らされます。

IND発行の仮滞在許可証は、フィンランドでは無効で、わたしは「滞在期間超過」の扱いとなったのです。

長期滞在していたのはオランダであって、フィンランドには降機してからパスポートコントロールまで歩いただけしか滞在していませんが、シェンゲン圏内のどの国に滞在していたかを証明するものはありません

再入国禁止

パスポートコントロールでの審査の末、「警告/厳重注意」を受けたあと日本へ向けて出国はできたものの「正式なビザ(住民カード)を取得するまではフィンランドへの再入国を禁ずる」と言い渡されました。

フィンランドの地に一歩も踏み込んではならないということなので、日本からオランダへ戻るためにヘルシンキでの乗り継ぎが必要な finnair が利用できないということです。つまりすでに購入していた復路便が使えなくなったのです。残された最も安全な手段は、ニッポン発オランダへの直行便を買い直すことです。

私の場合、復路の経由地ヘルシンキでストップオーバーする予定だったので、現地のホテル、交通機関、劇場のチケットも購入済みでした。直行便(KLM)の航空券の買い増し費用に加えて、支払い済み費用が無駄になるという二重苦となってしまいました…😿

各問合わせ先からの回答

フィンランドでの不法滞在扱いについて、状況を把握して打開策を探すために、日本に到着してから次の各所へ相談しました。

  1. 在日オランダ大使館
  2. 在日フィンランド大使館
  3. 在留ビザ申請の代行者経由で「在蘭の移民専門の弁護士」
  4. 在留ビザ申請の代行者経由で「IND(オランダ移民局)」

私の在留ビザ申請は「EU市民の配偶者」であることを理由に行っています。在日オランダ大使館からの返信では、私の所持している仮滞在許可証に問題はなく、フィンランドの出入国審査官の判断ミスの可能性が示唆されました。ですが、「シェンゲン圏全域で有効な許可証の一覧」の中に私が所持する仮滞在許可証が載っていないことや、他の多くのシェンゲン国はともかくとしてフィンランドに限っては独自のルールを設けているらしいこと等が、徐々にわかってきました。問い合わせをした各方面からの回答は次の通りです。

在日オランダ大使館からの返信の要約(意訳):
  • ヘルシンキの係官が、オランダのビザ申請手続について知らなかったのだと思われます。あなたが踏んでいるビザ申請の手続きは正しいものです。
  • あなたに強くお勧めするのは、直接IND(オランダ移民局)に問い合わせて、サポートを受けることです。
  • 不幸にも、もしINDがあなたをサポートできなかった場合には、ニッポン発オランダ行きの直行便を利用する必要があるでしょう(ヘルシンキ空港の入国審査で誤解を受けることを避けるために)。
在日フィンランド大使館からの返信の要約(意訳):
  • フィンランド国境警備のWebサイト で、フィンランドの仮滞在許可の例として、No.5の質問&回答を参照してみてください。”180日中90日まで他のシェンゲン国に滞在できます。フィンランド発行の仮滞在許可証の所持者は、その滞在許可が有効な国(=フィンランド)での滞在日数を、90日の中に算入しないものとします。他のシェンゲン国での滞在日数が90日に達した場合、シェンゲン国から出るにはフィンランドからの直行便を利用し、フィンランドへ戻る場合もまた直行便を利用してください。”
  • この種の問題については国境警備局に権限があり、残念ながら大使館やビザセンターではどうすることもできません。
  • ヘルシンキからシェンゲン国へ入国せずに国際線へ乗り継ぐ(たとえば英国はシェンゲン国ではない)ことは原則的には可能ですが、日本からオランダへの直行便を利用するのが最も安全と言えるでしょう。
在蘭の移民専門の弁護士からの回答(又聞きの意訳):
  • 在蘭フィンランド大使館に問い合わせたところ、この種の問題がそれなりの頻度で起こっていることを認識しているとのことです。
  • シェンゲン全域で有効な仮滞在許可証のリストの中に、当該人(私)が所持している仮滞在許可証は見当たりませんでした。
  • ここで問題となるのは、オランダ発行の仮滞在許可証を持つ当該人(私)が、オランダに滞在していた日数についてまで「シェンゲン国で消費した日数」とみなされるかどうかです。残念なことにINDは当該人のためにそれを算出することはできません。(=証明できるものがありません)
  • しかしながら、当該人(私)のようにEU市民の配偶者ということであれば、そもそも90日を超えても滞在が可能なはずです。ですが、恐らくはフィンランドの国境警備局が「EU市民の配偶者であろうともシェンゲン圏内に180日中90日以上滞在した者の入国は一切許可しない方針」へとポリシーを変更したのでしょう。
IND(オランダ移民局)からの回答(又聞きの意訳):
  • 当該人の正式な在留ビザの発行準備が整いました!受け取りに必要な書類を準備してください(市役所へ出向く必要あり)。
  • 今回お困りの件もサポートしますから、当局からの次の連絡をお待ちください。

結果と感想

航空券の買い直し

この件に関してINDからのサポートは受けられませんでした。INDからの返答はネガティブなものではなかっただけに次の連絡を期待して(催促もして)待ちましたが、帰国便に間に合いませんでしたので、別途、直行便を買うことになり痛い出費となりました。(もう一度日本へ往復できる額ですからね >

仮滞在許可証の発行国での滞在については90日の中に算入しないというのが各国の共通した概念のようですが、私の所持していた許可証ではその滞在日数を証明できないようで、それならば別途オランダでの滞在日数を証明する書類を得る手続きが必要だったのかと言えば、とくにそういったものはないようで、不思議なかぎりです。

ただ、オランダ移民局窓口が言った「シェンゲン圏全域で有効」の意味が「シェンゲン圏全域のどの国でも滞在してオッケーだよ」という意味なら、そもそも滞在日数をカウントする必要はないわけです。私も当初は、それくらい無敵な仮滞在許可証だと思っていました。実際、直行便でオランダに再入国する際にパスポートコントロールでこの仮滞在許可証を見せると、係官に「このステッカーを所持しているなら次回からはEU市民の列に並んでね」と言われました。日本国籍でありながら、扱いが「EU市民」とは、無敵感にあふれる仮滞在許可証です。

でも弁護士曰く、この仮滞在許可証は「シェンゲン圏全域で有効な許可証」のリストに載っていなかったとのことですから、実際の効力はオランダ限定ってことですよねぇ…^^;

今後の心構え

なにごとも「関係相手側に事前確認する」精神を大切に、生活していこうと思いました。原因がどこにあろうとも、痛い目をみるのは他の誰でもなく、自分ですからね。とほほ。

連絡先

在日オランダ大使館
在東京オランダ大使館 連絡先
フィンランド国境警備局
The Finnish Border Guard 連絡先
在日フィンランド大使館
在東京フィンランド大使館 連絡先
在蘭フィンランド大使館
在ハーグ フィンランド大使館 連絡先
IND(オランダ移民局)
IND 連絡先


その他の記事とリンク集

生活雑記

全件表示

旅行記

ナイメーヘン - Nijmegen - 歴史散策

オランダ東部・ヘルダーラント州の町ナイメーヘンへ行ってきました。ドイツ国境に近く、古代ローマ帝国の北端に位置し、中世には神聖ローマ皇帝がたびたび訪れた街です。第二次大戦では、あろうことか同盟連合軍の空爆を受けていました(!)現地滞在8時間。19のスポットの場所や略史の他、新たに知ったこと・気になって調べたこと・感じたことを書き残しておきます。(勢い余って観光マップも作ってみました。)

歴史を知って深い旅がしたい! 【デルフト散策】 オランダ誕生の17世紀

デルフトの新教会 / 市庁舎 / デルフトの旧教会 / チョコカフェ

10月3日は解放記念のお祭り! 【ライデン】 露店・遊園地・パレード・博物館

食べ歩き / 移動遊園地 / ラーケンハル博物館 / パレード / ビュルフト要塞 /

広告

移住者たちのリアルな声でつくった 海外暮らし最強ナビ[アジア編]
著者:室橋裕和&海外移住情報研究会

公式紹介文:日本での人生にちょっと疲れたら…生き方を少し変えてみたいと思ったら…アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!タイ、ベトナム、シンガポール、インドネシア、マレーシア、台湾…仕事選びから物件、食事、トラブル対応まで、現地で生きていくためのノウハウが満載。

出版社:辰巳出版
発売日:2017年09月14日

楽天Books

OD>海外移住のススメ
著者:週刊東洋経済編集部

出版社:東洋経済新報社
発売日:2014年11月

楽天Books

定年後の楽園の見つけ方
著者:太田 尚樹

公式紹介文:人生の最後には、楽園が待っていたー。老後といえば暗い話ばかりが聞こえてくる昨今だが、本書で紹介するのは、しがらみから離れ、海外で第二の人生を謳歌する人々の物語。フィリピンで17歳の花嫁と結ばれた元銀行マン、マレーシアの浜辺で暮らす元大学教授夫妻、地中海に住みついた元テレビマン…。きっかけは、何も試...

出版社:新潮社
発売日:2017年10月14日

楽天Books

歴史

歴史を知って深い旅がしたい! 【デルフト散策】 オランダ誕生の17世紀

デルフトの新教会 / 市庁舎 / デルフトの旧教会 / チョコカフェ

ざっくり【歴史】オランダ王国が誕生する前を遡る (ネーデルラントの変遷)

ローマ支配期からスペイン領に至るまで(前57-) / ネーデルラント7州連邦共和国(1648) / バターフ共和国(1795) / ホラント王国(1806)- フランス併合時代(1810) / ネーデルラント王国(1815)-オランダ王国(1839) / まとめ / オランダの歴史リンク / オランダ旅行リンク