戦後~1950年代イギリスの概観 戦勝国 物資の欠乏と価格の高騰(インフレ)⇒デフレ政策不評 他の西欧諸国と比べれば安定 直接的な戦場にならなかった 戦後一貫して親米の外交姿勢 二大政党が定着していた ベヴァリッジ報告書に基づき福祉国家を築[…]
毎年8月にアムステルダムの運河で行われるというゲイ・パレード(LGBT プライド・パレード)。一度見てみたいと思い行ってみました。 賑やかなボートが約80隻も運河をパレードし、ピンクのTシャツや七色の飾りを付けた観客が、陽気に呑んで踊って皆[…]
7月 水曜日:国境を越えてドイツのケールへ日帰り きのう刻印した Alsa+24H の使用開始時刻は09:19 です。24時間ということで、今日も09:18まで使用できます。なので、国境ギリギリまでトラムで行ってみることにしました。 乗車し[…]
7月 火曜日:オー・クニクスブルグ城とセレスタの町 今日はBas-Rhin県の最南端にあるオークニクスブルグ城を目指すことにしました。 セレスタから城まで500系統バスで直行 ストラスブールから出発するので「Alsa+ 24H Bas-Rh[…]
7月 月曜日:サヴェルヌとオ・バール城 古城跡を見たいのと、山を歩きたいのとで、サヴェルヌ駅から徒歩圏内のオ・バール城を目指しました。 コルマールの周辺に山や城が多いのですが、宿泊地のストラスブールからだと時間や移動費が嵩むので、北のザヴェ[…]
コルマールとアルザス地方の略史 14世紀まで コルマールの歴史は古く、ローマ時代には「Columbarium(コロンバリウム?)」と呼ばれていたそうです。その名が初めて文献に登場するのは823年で、フランク王国のルートヴィヒ1世による寄付に[…]
7月土曜日:ストラスブール散策 気温は35度まで上昇し、2リットルの水を摂取して凌ぐ苦しい1日となりました。チラッと見た天気予報では24度だった気がするんですが…見間違いだったかな。 移動 ストラスブール空港の Entzheim-Aérop[…]
事前準備 フライト(アムステルダム 発着) アムステルダム⇔ストラスブールの往復航空券2名分を予約しました。土日は夫婦でストラスブールとコルマールを観光、平日は夫は所用につき、わたし一人で散策を楽しみます。 後から気づいたのですが、スイスの[…]
オランダ共和国(連邦共和国)の構造 国の構成 七つの州の連合体 + 準州 + 連邦議会直轄領 七つの州:ヘルダーラント、ホラント、ゼーラント、ユトレヒト、オーファーアイセル、フリースラント、フローニンゲン(各州が主権を持つ) 準州:ドレンテ[…]
16世紀後半に始まったスペインとの戦争は17世紀に入って12年間の休戦に持ち込まれました。ウィレム1世(沈黙公)に従い反スペイン運動を指導したホラント州法律顧問(大法官)オルデンバルネフェルトは、ウィレム亡き後は息子マウリッツ公を助け連邦共[…]
スペインでは王家の次女フアナが女王として即位し、その夫であるハプスブルク家のフィリップが王となりました。 ここにスペイン王国とハプスブルク家が合体することになり、低地地方はハプスブルク所領のままスペイン王国の一部となります。 ゲント(Ghe[…]